三角点を既知点とした図根三角測量の成果と
電子基準点のみを既知点とした成果の比較検証

検証結果

電子基準点に準拠していない三角点(前沢)の変動量が94mmと大きかったが、他3点の三角点が準拠しているため、新点(図根三角点)の変動量が25mm以内に納まっていると考えられます。全てが整合性の目安100mm以内であるため、この区域はいずれかの手法で問題ないと思います。